HOME奈良ハイキングクラブ写真掲示板(一般向けです)
奈良ハイキングクラブの最近の「山行」を紹介しています。

投稿パスワードは、同じです。
注意…写真サイズ300KB以内です。
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード
 紅葉 ぺこ  2016年11月13日(日) 10:42
修正
談山神社と大台ケ原に行って来ました。
紅葉まっさかりの中、山の上では、朝の冷え込みのため霧氷も楽しむことができました。大台ケ原は、今月いっぱいでドライブウェーが閉鎖されます。
麓の紅葉はとっても綺麗でした。

 今年も韓国へ! てんとう虫  2016年11月9日(水) 14:26
修正
2016年11月5〜8日 自主4名

今回は韓国南西部の無等山(ムドゥンサン)に登りました。国立公園内にあり 1187mで山頂付近では白亜紀の火山痕跡とされる柱状節理帯が見られます。韓国でも登山がブームで大勢の登山者が山を楽しんでいました。紅葉も日本同様 遅れているようで山の紅葉は少し早かったようです。

 高島トレイル 駒ケ岳A  蒼山  2016年11月8日(火) 13:49
修正
真っ赤に紅葉したカエデが圧巻でした。

 高島トレイル 駒ケ岳@ 蒼山  2016年11月8日(火) 13:43
修正
2016年11月7日(月) 高島トレイルシリーズ駒ケ岳 参加者7名
今回は、晴天に恵まれ、紅葉が進むトレイルを快適に歩きました。ブナの巨樹
など自然林がすばらしく、一同大感激の山行となりました。

 第16回全国登山研究集会に参加 hama  2016年11月7日(月) 8:17
修正
11月5〜6日、既存の山の会、ハイキングクラブで会員の高年齢化、減少傾向が目立ち、それをどう打開するのか。全国のすぐれたれた経験を学びあい、新たな活動のヒントを得ようと労山の全国組織 日本勤労者山岳連盟主催の『第16回全国登山研究集会』が東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催。全国から約130人、奈良ハイクからはUさん、Mさん、Hの3人が参加した。

初日は浦添嘉徳全国連盟理事長から労山の歴史と現在の基調報告があり、各地の経験のレポートを聞いた。
2日目は各分科会に分かれて論議を深めた。Uさんは第2分科会「楽しく活発に、安全に登山が続けられる登山活動発展めざして」。
Hは第3分科会「新入会員を増やし、会運営の活発化をめざして」。
Mさんは第5分科会「ハイキング交流集会」に参加した。

 例会 二上山 (上ノ太子から) utahime  2016年11月3日(木) 11:05
修正
2016年11月2日(水)
絶好の秋晴れ、参加者6名で上ノ太子駅を出発。
竹内街道をながめ登山口へと。雌岳から祐泉寺をぬけ、
当麻寺へと。ちかくのお風呂にはいり、そば処、中将餅処で
宴をもち楽しいひとときを過ごしました。快適なwalkingの一日でした。
皆さんありがとう。

 のんびり伏見酒造巡り ウェンディ  2016年11月2日(水) 10:29
修正
2016年10月31日(月)晴 自主7名

一日、のんびりと伏見の酒蔵巡りに行ってきました。
約1時間の十石船での舟旅(伏見城外堀巡り)〜月桂冠大倉酒蔵(旨い利き酒)〜寺田屋(坂本竜馬とお龍さん)〜カッパ黄桜(酒蔵ランチ)〜御香宮神社(香る?湧き水)〜乃木神社(さざれ石)〜明治天皇陵(山全体の広大な御陵)〜伏見桃山城(秀吉と淀君)〜桓武天皇陵

何度行っても、一味違う出会いもあり街中巡りも、結構面白いものでした。


 例会 東大台ヶ原周遊   2016年10月28日(金) 14:08
修正
10月27日(木)
好天に恵まれ快晴の青空の下で大台の紅葉と大パノラマを楽しんできました。
途中、ドライブウェイから見た朝日に照らされた大普賢を中心とした大峰山系も奈良の近郊の景色とは思われないぐらい素晴らしいものでした。また、ご存知の大蛇ーの紅葉も絶景でした。

 県連交流山行 hama  2016年10月27日(木) 17:05
修正
10月23日(日)、恒例の県連交流山行 が京都府南丹市、るり渓谷から深山で実施された。
この催しは県連傘下の山岳会が毎年持ち回りで取り組まれ、今年は奈良ハイクの担当だ。
午前7時45分、郡山三の丸会館前に集合、大型バスで出発。
奈良ハイク、奈良労山、西大和山の会、オオヤマレンゲ、こぶしの会、の5つの会から総勢56名が参加。奈良ハイクは車2台をだして32名が加した。
ブナ林を流れる、るり渓流から、ススキが広がる深山まで沢山の山仲間と一緒に歩きました。秋風がヒンヤリ肌を刺す心地い山行でした。
下山後は温泉。入浴して帰路に就いた。

 紅葉の志賀高原 てんとう虫  2016年10月23日(日) 22:06
修正
2016年10月20日〜22日  自主5名

1日目・・四十八池から志賀山へ
2日目・・岩菅山
3日目・・飯縄山
3日間たっぷりと山に登り、紅葉を眺め、岩菅山や飯縄山頂からは360度の展望で北アルプスや木曽駒・御岳・富士山、戸隠から火打・妙高も見え紅葉と山を堪能してきました。

 高島トレイルD二の谷山 蒼山  2016年10月19日(水) 9:38
修正
2016年10月18日 自主 5名参加
曇天。一時雨でしたがまずまずの天気。
今回のコースは、モミの巨樹など自然林が豊かで、快適な山行を楽しみました。
途中自衛隊の演習場があるため、車道を歩いた時、コースを間違えたために
時間を食い、バスの時間すれすれに下山口へ。
アップダウンもけっこうあって、けっこう歩きました。歩数約27000歩。

 初級テント泊 てんとう虫  2016年10月16日(日) 17:09
修正
2016年10月15〜16日 講座 9名参加

15日はテント設営・テント装備・重い荷物を担ぐポピントなどを講習した後、曽爾高原まで歩きました。以前に比べるとすすきが少し寂しい気がして・・でもすすきを見に大勢の人が散策し、久しぶりの曽爾高原はステキな風景でした。翌日は後古光山をピストンし、曽爾高原から眺めた屏風岩公園を廻って帰りました。

 弥山川双門ノ滝ルート アメフラシ  2016年10月16日(日) 3:12
修正
2016年10月9日〜10日 自主 6名
かねてから行きたかった弥山川双門ノ滝ルートに行ってきました。
長時間の歩行が予想される難ルートなので連休利用で前日登山口でのテン泊登山としました。
前日はお昼に集合し、食材と飲み物を仕入れて登山口の熊渡へ、テント設営後鍋パーティで盛り上がりました。
登山当日は、早朝5時、真っ暗な中を出発、前日の雨で心配していた増水も大したことがなく、アルプスの山麓を思わせる白河八丁の河原を抜けて鉄ハシゴが連続する核心部へ、そそり立つ大岩壁とそこを落ちる豪快な滝に一同感激すると同時に、切り立った斜面に付けられた苔と木の根だらけのか細い登山道と数えきれない渡渉の繰り返し、そしてちょっと気を抜くとロストしてしまう判りにくいルートに心身ともに疲れ果てましたが、梯子や鉄桟橋がなければ沢登りの達人にしか許されなかった場所に立入れたことに感動した山行でした。 参加者からは、槍の穂先に10回登った気分、ここに比べたら槍穂のキレットのほうが簡単やったなどの声が聞かれました。
詳しい山行記録を会員専用ページにbatten3がアップされていますので、そちらもご覧ください。

 本日掲載しました。 グー  2016年10月16日(日) 8:09 修正
Batten3から山行記録が送られてきました。
非常に詳細な記録です。御覧ください。
会員専用ページの「記録(地域)」「記録(年月)」にアップしました。

機関誌に山行記録の原稿を書かれている人は、HPにもアップしますので
会員専用メールに添付して機関誌部とは別に送って下さい。HP部へは電子ファイルで結構です。書式は自由です。こちらでPDFに変換して掲載しています。機関誌部に渡す物と同じで結構です。

自由山行など機関誌に掲載しないものでも、ファイルを送ってもらえれば掲載していきます。

HP部が今年の4月から発足し、だいぶ山行記録が集まっています。よろしくお願いします。古い山行記録も、ファイルが有りましたら送って下さい。今後の会員が山行計画を作るときの参考になると思います。


 安達太良山 わたし  2016年10月15日(土) 16:52
修正
2016年10月12〜14日 4名(一般1名)

磐梯山と安達太良山へ紅葉を見に行って来ました。12日は雨のため磐梯山には上れず、浄土平の鎌沼(奈良ハイキングHPトップ画面写真1に写っている沼です)に行きました。13日は安達太良山に登り紅葉を満喫しました。最後の日は裏磐梯の五色沼を歩き仙台空港まで。飛行機の中から富士山やアルプスの山々がきれいに見えました。


1 2 3 4 5  全 100件 [管理]
CGI-design