HOME奈良ハイキングクラブ写真掲示板(一般向けです)
奈良ハイキングクラブの最近の「山行」を紹介しています。

投稿パスワードは、同じです。
注意…写真サイズ300KB以内です。
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード
 古道 七曲道 てんとう虫  2016年12月12日(月) 11:11
修正
2016年12月11日  自主3名

古代からある 大和郡山の小泉から松尾山中腹を越え白石畑(平群)を結ぶ道の一部「七曲道」をご存知でしょうか。廃道同然になっていた道が整備され以前から歩いてみたいと思っていました。松尾山にも初めて登り平群駅まで史跡・遺跡など見所もあり、なかなか面白いコースでした。30年も郡山に住んでいるのに知らない事ばかりで、この道は大阪と奈良盆地を結ぶ重要な役割を担っていたそうです。

 師走の丹波篠山城を歩く ウェンディ  2016年12月11日(日) 23:04
修正
12/11(日)自主8名 師走の丹波路、青春18きっぷで丹波篠山城に行ってきました。
好天、曇天、一瞬の雨、目まぐるしく変わるお天気でしたが、全員が初めての篠山城、日本100名城の一つ、素朴で静かな城下町の街並を堪能できました。
黒豆、小豆、焼き栗、山芋、サトイモ、地酒、焼き物〜丹波の旨いもの巡りで、歩くたびに増えるお土産でリュックが満載です。昼食は名物「ボタン鍋うどん」、旨かったなぁ。
今年もあと僅か、元気に年を越し来年も楽しく歩きましょう。良い年をお迎えください!!


 例会 国見山 てんとう虫  2016年12月8日(木) 18:11
修正
2016年12月8日  10名参加

茶畑の横を歩き国見山登山口から国見山へ。途中薮こぎをしながら三角点を探し、塔の森に着く。ここには奈良時代末に作られたとされる六角十三重塔があり、風化で損傷してはいたが今はひっそりと森の中で長い年月つないできた事を感じる石造塔でした。奈良にはこのような知らない場所がまだまだあるのでしょうね。

 Feロック てんとう虫  2016年12月7日(水) 8:37
修正
2016年12月6日  自主 6人

12月のFeロックは貸しきりの不動岩です。いつかはアルプスに行きたいと岩場に慣れるため2回目のTさん、初めての参加のIさんは果敢に岩に挑戦されていました。感想は・・「初めは怖かったけれど楽しかった」・・また参加してくださいね。

 2016 年忘れハイキングとちゃんこ鍋のつどい hama  2016年12月4日(日) 23:08
修正
12月4日(日)、『2016、年忘れハイキングとちゃんこ鍋のつどい』を天理観光農園で実施。39名が参加した。
ここ4年間、恒例の「忘年会」に変わるイベントとして取り組んだ。
午前中は年忘れハイキング。山野辺の道コースと竜王山コースに分かれ、午後から観光農園に合流し、ちゃんこ鍋を楽しんだ。

今年入会した新会員の紹介と、専門部について各部長から説明が行われた。
新たな年に向けて「一人一役で全員が専門部に入部して会運営に参加しょう」と奈良ハイクの基本スタンスを確認の場になった。

 Fe雪山下見(余呉湖一周) てんとう虫  2016年12月3日(土) 10:48
修正
2016年12月2日 自主3名

Feロック雪山(自主)設定の下見に行ってきました。
1/16(月)---比良 鎌倉山
2/14(火)---余呉湖西側(大平良山〜賤ヶ岳) の予定です。
           雪の状態によって場所の変更もあります。

参加希望の方(女性限定)は世話係り 高田まで連絡ください。
 6本以上のアイゼン・Wストック・わかんまたはスノーシュー必携。

 例会 正暦寺 てんとう虫  2016年12月1日(木) 16:55
修正
2016年12月1日 11名

心配していた雨も朝には止み、春日大社から一部東海自然歩道を通り、正暦寺まで裏山を歩きました。落葉のじゅうたんを期待していたのですが、綺麗にお掃除されていてじゅうたんは見られませんでしたが福寿院の特別拝観で素敵なお庭を見てきました。

 湖東三山巡り ぺこ  2016年11月29日(火) 19:40
修正
2016年11月29日  自主 4名

松茸と近江牛の暴れ食い(食べ放題)を堪能した後、近江湖東の古刹 湖東三山巡りをしてきました。
まだ紅葉を楽しむことができ、平日にもかかわらず観光客の多さにビックリしました。湖東三山には、ハイキングコースもあり四季を通して綺麗な所です。
今回は、お寺巡りでしたが機会があれば、ハイキングもいいと思いました。
御朱印巡りにハマっています。今回は、4つの御朱印を頂きました。

 三井寺から琵琶湖疎水 むっちゃん  2016年11月29日(火) 8:32
修正
2016年11月28日  自主 5名
三井寺駅〜三井寺〜小関峠〜疎水〜御陵駅

初めて西国33観音霊場第14番札所三井寺を訪れた。大きな寺に驚いた。終わりかけていたが紅葉が綺麗だった。また、琵琶湖疎水が学生の卒論から始まったことや疎水システムの壮大さに驚いた。
三井寺や疎水の至る所に桜が植えられていた。次回は桜のシーズンに訪れたいと思った。

 例会 六甲・有馬 ぺこ  2016年11月28日(月) 21:59
修正
2016年11月25日 例会 9名
高座の滝〜風吹き岩〜雨ヶ峠〜一軒茶屋〜六甲最高峰(魚屋道)〜有馬温泉

好天に恵まれ、六甲を歩いてきました。紅葉も素晴らしく、はるか二上山や関空も見ることができました。3万歩程度歩いて最後に有馬温泉かんぽの湯で汗を流しました。

 テンネンコウシ高 てんとう虫  2016年11月27日(日) 10:02
修正
2016年11月26日  自主3名

大台ケ原 日出ヶ岳から大杉谷に下る分岐から発生している尾根のピークの名前です。ここから裕ー〜ミネコシ谷〜日出ヶ岳に戻る周遊コースを歩いてきました。シャクナゲにつぼみが付いていましたが・・来年のシャクナゲはどうでしょうか?数年前の見事なシャクナゲを思い出しながら、また花の時期に訪れてみたいものです。

 自主山行 御在所岳 hama  2016年11月24日(木) 15:25
修正
11月22日(火)自主山行 御在所岳 5人で行ってきました。
上りは中登山道、下りは一の谷新道で、どちらも岩稜帯の急斜面。。チョットした緊張感に、疲れを忘れさせてもらえた。
メリハリがついて、すがすがしい山行だった。

 体験ハイキング「摩耶山」 hama  2016年11月23日(水) 12:11
修正
11月20日(日)一般公開山行「体験ハイキング」が六甲・摩耶山で実施され、会員16名、体験者2名、計18名が参加した。
JR新神戸駅から布引ダム〜布引ハーブ園〜(天狗道)〜摩耶山へ。途中、山頂手前でお昼タイム。昼食後にミニスクールを開始。
スリングの使い方、レスキューロープで確保の練習。半マスト結び、マスト結び、8の字結びなど山道具の使い方を練習等した。
山頂から〜史蹟公園〜(青谷道)〜行者堂〜阪急王子公園駅 まで紅葉を楽しみながら下山した。

 廃線跡ハイキング むっちゃん  2016年11月20日(日) 17:49
修正
2016年11月18日 自主4名

5月からコースの整備のためクローズになっていて11月15日に再オープンした福知山線廃線跡ハイキングに行ってきた。
橋などが新しく架けられていたりそれなりに整備されていた。また、時期的に紅葉が大変綺麗だった。

 読図山行 てんとう虫  2016年11月18日(金) 10:19
修正
2016年11月17日 自主8名

松尾谷分岐から南尾根を登り魚谷山に行ってきました。
下りは奥宮分岐から・・地図上にルートはあるものの谷筋はかなり荒れていて
大変なルートでしたが無事貴船神社奥宮に下山しました。貴船も紅葉を見に沢山の人が出ていて、叡電から見た紅葉のトンネルも綺麗でした。

 ナメゴ谷の紅葉 だれか  2016年11月17日(木) 9:27
修正
2016年11月16日

最近話題のナメゴ谷の紅葉を見に行って来ました。時期は1週間ほど遅く、お昼で逆光とあって残念でしたが、龍が行者還の尾根を登るように見えるのはよくわかりました。もう少し早い時期で逆光でなかったらどんなにか美しかったでしょうね!朝8時頃に来るのがよいそうです。でも行く途中の紅葉もきれいで行ってよかったです。行者還トンネル東口に行くとき何度か通っている林道ですが途中で立ち止まることがなくてこんな美しい景色があることに気がつきませんでした。

 例会 宮指路岳   2016年11月17日(木) 8:57
修正
2016年11月16日(水) 例会 8名

鈴鹿山系の宮指路“くしろ”(946m)岳に車にて行ってきました。
天候は快晴でふもとの紅葉はきれいでしたが、登るに連れて風が強く初冬を思わせる冷たい風にふるえました。頂上は意外に風は穏やかで雨乞岳、釜ケ岳や御在所がよく見えました。食後は頂上から東の激下りをおりて、カワラコバ谷の時折登山道が崩れた靴幅ほどの狭いルートを何か所か鎖やロープを頼りに通過し、時間通りに全員無事に下山いたしました。


 Feロック てんとう虫  2016年11月16日(水) 13:27
修正
2016年11月15日 自主 10名

11月のFeロックは外岩初めての方を含め10名で蓬莱峡で実施しました。
やさしいコースで基本を何度も繰り返す事で岩に慣れ、岩を楽しむ事を目的に女性ばかりで月1回実施しています。

 登山靴で岩登りの練習 hama  2016年11月15日(火) 15:02
修正
11月13日(日)自主山行「登山靴で岩登りの練習」を蓬莱峡で実施した。安全登山のトレーニングとして、会員からの要望に応え、希望者8名、スタッフ5名の計13名が参加。
三点支持でトラバース、トップロープでクライムアップ、クライムダウンを繰り返し練習。プルージック結びで岩稜の登り下りを反復練習した。「登山靴で実践的な練習が良かった。以前からやってみたかった。アルプスや、高山で役立つと思う、」との参加者の声。


 京都府の最南端地方の最高峰、三上山 ウェンディ  2016年11月14日(月) 9:22
修正
11月13日(日)晴、参加者12名
南北に細長い京都府の最南端地方の最高峰、三上山(さんじょうざん)に登ってきました、但し、標高は473mです。山頂展望台は360度の展望で、ハイカーで満杯でした。
では何故、さんじょうざん?なの?? 以下、勝手な!私見です。
「三」は古来縁起の良い数字です(三種の神器、三つ子の魂100まで、三三九度・・)、」きっと神仏の山にちなみ、「三:さん」にあやかったのでしょう(多分!!)。
登りは「かいがけ」の道、「かいがけ」は狭い崖路のことだそうです。そういえば、狭い尾根道を登りました。下り道は「長寿の道」です。これこそ縁起の良い道なんでしょう!
今日は秋本番前の好天登山でした。登った皆さんにも縁起の良い日々が続けばいいですね。

1 2 3 4 5  全 100件 [管理]
CGI-design