HOME奈良ハイキングクラブ写真掲示板(一般向けです)
奈良ハイキングクラブの最近の「山行」を紹介しています。

投稿パスワードは、同じです。
注意…写真サイズ3000KB(3MB)以内です。いままでの10倍にしました。
   サイズ変更が不要になる写真も多いと思います。
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード
 初級登山教室 歩き方2 ちゃれ  2018年6月5日(火) 12:21
修正
6/3 講座 初級登山教室「歩き方2」 参加者17名(受講者7名 部員10名)
[コース] 芦屋川〜鷹尾山〜岩梯子〜荒地山〜風吹岩〜ピラーロック(万物相)〜ロックガーデン〜高座の滝〜芦屋川

晴天のもと人気のコースなのでしょう、芦屋川駅には登山者が溢れていました。
特に「岩梯子」(受講者 スリルがあって面白かった)は、すごい渋滞でした。
ピラーロック(万物相)では奇観と眺望に歓声+ザレ場歩きを練習し、締めは、ロックガーデン下りを練習しました。
受講者の皆さんは健脚ぞろいでした。
この練習をこれからの実山行に役立ててください。




  小鉄  2018年6月6日(水) 12:40 修正
CL・SL・教育部の皆様、お世話になりまして、ありがとうございました。
また受講者の皆様、蒸し暑い中、お疲れ様でした。
岩梯子の登下降は楽しかったですね。

神戸港の展望もすばらしかったです。

 自主山行 ツエルト泊 和佐又〜大普賢岳 hama  2018年6月6日(水) 11:38
修正
6月2日(土)〜3日(日)和佐又キャンプ場でツエルトを張り、ここをベースに大普賢岳を往復した。

S、O、K、Hの4人が参加。
ツエルト設営、コンロの使用、食事、シュラフで就寝、
朝早くの出発は時間的にも、気分的にも、天気も安定し気持に余裕ができる。

1日目の6月2日、ツエルトを設営して、ロープで半マスト結び、懸垂下降、確保の練習をした。その後、和佐又山を往復した。
2日目の6月3日、5時起床、朝食。ツエルトを撤収。6時30分出発。
大普賢岳9時5分着。ピストンで11時20分にキャンプ場に下山した。

 例会 赤坂山 宮さん  2018年6月5日(火) 20:00
修正
 6月4日 例会 3人
お天気に恵まれて赤坂山に行ってきました。
お花は余りありませんでしたが気持ちよく歩いてきました。
頂上は360度の展望です。
滑り込みセーフで3時台のバスに間に合って帰ってきました。

 新緑と渓谷美(摂津峡)を楽しむ?! ウェンディ  2018年6月4日(月) 22:36
修正
6/3(日)例会、10名
25千歩・12キロ(9:30〜16:00)、結構歩きました!
茨木、忍頂寺〜急登で竜王山〜竜仙峡(滝)〜メチャ急登で萩谷〜高槻摂津峡
信仰の寺、忍頂寺を経て杉林の東海自然歩道を進み竜王山を目指す(山頂展望台から生駒山や大阪市内を臨む)。結構キツイ、やっとの思いで竜仙滝に到着、お昼ご飯と思いきや、「もうチョット頑張ろう」で又又のメチャ急登、シンドイ!!渓谷美を堪能して(し過ぎ?!)摂津峡へ向かう。
歩き切った道は何と「健脚コースの表示」、それを見て一同頑張ったなぁ!!
新緑の山道、小さな花々、奇岩・巨岩が続く清流の渓谷、突然現れる滝、山にはホトトギス、川にカジカガエル、色々楽しませていただいた一日でした。



 龍王山・笠そば処・初瀬山縦走 PANDORA  2018年6月2日(土) 13:12
修正
6月1日 4名
一度登りたいと思っていた「龍王山」の誘いが「あおがき」に出ていましたので、早速申し込みました。今回は男女2名づつの少数精鋭登山でしたが、初めての龍王山を楽しむことができました。途中で「笠そば処」にも寄り、「荒神そば」を頂いたのは言うまでもありません。下りは「初瀬山」経由でしたが後半は青空も出て来て長谷寺駅へ気持ち良く下山できました。

 5/27例会、クリーンハイク(山の辺の道) ウェンディ  2018年5月28日(月) 13:53
修正
今年で50回目を迎える全国一斉クリーンハイク、なんと1/2世紀も続いているんですね。
「山が大好き」の皆さんの心意気がこんなにも息の長い運動を支えているんだと改めて考えさせられました。
山の辺の道は神々しい神社や古寺、古墳などが次々に現れ、古代ロマンの世界へと誘ってくれる豊かな自然の古道です。最後に立ち寄った東大寺山古墳も卑弥呼の時代を彷彿させてくれたでしょうか?
でもゴミは残っているもんで、タバコの吸い殻、ペットボトル、空き缶、産業廃棄物など、参加20名の皆さんの持つゴミ袋はみるみる増えていき一杯です。
今日拾ったゴミの合計14キロ。今年も歩いた野道はチョッピリですが綺麗になり、私たちの「心も少し爽やか」にさせてくれた一日になりました。
皆さん、本当にご苦労様でした。ありがとうございました。


 例会 不動岩 クライミング hama  2018年5月28日(月) 8:23
修正
5月26日(土)例会、不動岩『クライミング』に8人が参加。
午前中は東壁で数本登り、そして東稜のベガ5.10b他を登攀。
午後からは中央稜・正面壁ルートのベガサス5.11aへチャレンジ。重箱5.9、菱形ハングWを登攀した。
今回は久しぶりに難易度の高いルートを登攀。初心者も果敢に挑戦していた。

 自主 行者還岳 ROKO  2018年5月26日(土) 10:34
修正
5月25日 4名
花を求めて行者還岳に行ってきました。
国道309号線の90番から入るショートカットコースです。奥駈道に入る頃から満開のシロヤシオがあちこちに見られ感激!しかも頂上付近にはシャクナゲがまだ咲いていてラッキーでした。お天気もよく、大普賢岳、小普賢岳、弥山小屋もはっきり見えました。ヤマシャクヤクはもう終わっていたのが残念でしたが、シロヤシオのトンネルを歩けて満足な1日でした。

 自主 竜ヶ岳 わたし  2018年5月24日(木) 23:14
修正
2018年5月24日 4名

竜ヶ岳の羊さん達に会いたくて、最短距離の石榑峠まで車で送ってもらって行って来ました。山頂まで85分のコースです。残念ながら先日来の風で毛が抜けて緑色の羊さんになっていました。登山道には抜け落ちたお花がいっぱいです。ベニドウダンやヤマツツジ、馬酔木の紅葉?が見られました。山頂付近は笹原のきれいな稜線でした。周りには鈴鹿の山々が見えますが、名前はわかりません。風がきつかったので、稜線までは出ましたがあと10分ほどなのに山頂は断念しました。ここ数日はどうしてこんなに風がきついんでしょう?真っ青な空と笹原、鈴鹿の山並みや伊勢湾?までみえて展望がよかったのは幸いでした。

 企画部主催 春のマイクロバス山行、御岳・小金ケ岳 hama  2018年5月23日(水) 11:14
修正
5月20日(日)企画部主催の『春のマイクロバス山行、御岳・小金ケ岳』に25人が参加した。

午前6時30分、郡山三の丸会館前に集合。
バスは火打岩駐車場に到着。3班に分かれ御岳登山口から出発。
途中、1班、2班はクリンソウの群生コースに立ち寄ったが、3班は素通り、御岳の下りで合流した。
大タワで昼食タイム。小金ケ岳の上り、下りはチョットした岩稜帯でクサリやトラロープが張ってある。慎重に通過。
小金ケ岳からの下りで2班、3班は道なき悪路を滑りながら下る。「ロック!」「ラク!」の叫び声。落石が頻繁におこるガレ場。「迷った」と判断し、下って来た踏み跡を登り返し登山道に戻った。ホット一息、1班と合流し無事駐車場に到着した。

 矢田山丘陵を歩く ウェンディ  2018年5月21日(月) 15:36
修正
5/20(日)自主、9名
晴天の奈良、矢田丘陵縦走、萩の台駅から出発し、「どこで降りても良いつもりで」ということで、リーダーKさんを先頭に出発しましたが、皆さん、以外の健(鈍?)却にどんどん遠くまで行ってしまい、最後は富雄まで頑張りました(24千歩・約11キロ)。心地よい疲れを癒してくれる冷えたビール付きの反省会、最高です。これがあるから止められない。又、頑張ります!!


 自主 竜ヶ岳 奈良 百遊山  2018年5月18日(金) 11:30
修正
5月17日(木) 自主5人
2年ぶりに鈴鹿山系の竜ヶ岳へ行ってきました。宇賀渓キャンプ駐車場を10時出発。遠足尾根を登る。樹林帯の中を歩くので、あまり暑くない。金山尾根分岐部あたりからシロヤシオが満開に近い。治田峠分岐で先に出発していた当クラブのKさんがCLのグループと会う。ここから山頂への道からは沢山の§・ω・§ (シロヤシオの羊)が見える。野生の鹿も数頭居た。初めて見る人はこの景色に大感激していた。山頂は広く大パノラマだが、今日はあいにく視界が良くない。集合写真を撮って金山尾根を下山。すばらしい尾根歩きに満足した一日でした。皆様 お疲れさまでした。

 ステップアップ講座、岩コース 第1回実技講習、 hama  2018年5月15日(火) 8:17
修正
5月13日(日)、蓬莱峡でのステップアップ講座岩コース、1回目の実技講習は雨の為、クライミングジムあおがきに場所を変更した。

午前10時から受講者、スタッフ、講師、13名が参加。
カリキュラムは、
〇ロープの結び方(エイトノット・マストノット・半マストなど)
〇自己確保(メインロープを使った方法)、
〇トップロープの確保、
〇トップロープクライミング(登って降りるまで、確認、コールなど)
〇懸垂下降

4班に分かれて講習した。
クライミング初めての参加者も含め、皆さん、果敢に練習していた。

 例会 リトル比良 peko  2018年5月13日(日) 12:25
修正
5月12日(土)に12名で、リトル比良に行って来ました。
8時間のロングコースでしたが、計画書通りの時間内で歩くことができました。標高は5〜600mと低い山ながら、アップダウンが多く、また寒風
峠を過ぎてからの湿地帯では、幾度か渡渉もある変化にとんだ縦走を楽しむことが出来ました。所々から、琵琶湖や高島の町を見下ろせ田植えの始まった田園風景がのどかでした。
五月晴れの中、新緑に癒されながら一日楽しく歩くことができました。

会員専用サイトの「アルバム」にも掲載しますのでご覧ください。

  anna  2018年5月13日(日) 22:08 修正
皆さま、お疲れさまでした。
本当によく、歩きました。
あれは、リトル比良ではなく、モンスター比良でしたね。

 自主 赤坂山 わたし  2018年5月13日(日) 10:06
修正
2018・5・12 6名

花の百名山・赤坂山にお花を見に行って来ました。4月20日過ぎからお花の写真がアップされていてお花がなくならないかあせりました。順次花変わりで色んなお花が咲くそうですが、私が見たかったのはイワウチワ、カタクリ、イワカガミなど春のはじめに咲くお花!イワウチワ、カタクリ(一輪だけあった)は終わっていましたが、登山道の両側に白、うすピンク、ピンク、濃いピンクなどいろんな色のイワカガミが咲いていて上に行くほどきれいでした。粟柄越辺りにはまだ蕾のお花もありました。下のほうはちょっとくたびれていましたが、これだけのイワカガミが見られたのは初めてです。満足、満足!でももう少し早く来てカタクリやイワウチワも見たかったです。(でもそのころはこれほどイワカガミもなかったかもね?)下りてくるとマキノキャンプ場は土曜日とあってテントで賑わっていました。豪華なバイクも競い合うように並んでいて、この日はなにかバンド演奏でもあるようで舞台に大きなスピーカーが並んでいました。お店も出ていて私たちはカキ氷にありつけました。よかったあ〜!!

 体験ハイキング葛城山 つつじ hama  2018年5月11日(金) 11:18
修正
5月9日(水)、体験ハイキング葛城山に会員12名、体験者2名の14名が参加。
朝方までの雨が心配されたが天気は回復した。近鉄御所駅からバスで葛城ロープウエイ駐車場に到着。北尾根コースを登る。とっつきは急な坂道でトラロープが張ってあった。

葛城山頂をへてつつじ園へと歩く。つつじはほぼ満開、 丁度見ごろ時だ。
つつじを満喫し昼食をとって、恒例のミニスクールを開校。
2組に分かれて、ロープを使って半マスト結びでの確保。懸垂下降の練習。いつもながら皆さん、「しっかり止まりますね。」「ワ〜面白い」と楽しい雰囲気の中、真剣だった。

 自主公開 雪の立山登山 2日目5月5〜6日 hama  2018年5月9日(水) 5:04
修正
自主公開 雪の立山登山
2日目、5月5日、ロープウエイが遅れて運行。室堂は青空だが浄土山の稜線は強風で身体が吹き飛ばされるようだった。突風にあおられ何度も防風姿勢をとりながら、時折よろけながら下山した。

3日目、5月6日は立山(雄山)を断念、室堂を散策した。初めて雷鳥と遭遇したSさんと宮さんはとても喜んでいた。
今回の山行は、悪天候での雪山の厳しさ、晴れた時の素晴らしさをこの3日間で一度に体験出来たのではないでしょうか。

 自主公開 雪の立山登山 1日目5月4日 hama  2018年5月9日(水) 5:00
修正
5月4日〜6日、自主公開山行 雪の立山登山に9人が参加した。
1日目、5月4日は室堂が猛吹雪、アルペンルートの降雪除去作業で高原バスの運行中止。ロープウエイが終日運休した。地元の人も「GWの立山ではこれまで経験したことのない」と云う。
立山駅ロープウエイを待つ人達にTBSテレビ局の取材があり、我々もインタビューを受、夕方6時過ぎのニュースで放映された。4日は称名の滝を見学し、近くの旅館に宿泊した。

 新緑の宇治を歩く ウェンディ  2018年5月8日(火) 21:45
修正
5/8(火)自主、新緑の宇治を歩く 8名
歩行24千歩、心配したお天気も歩いている間はOKで楽しい一日でした。
三室戸寺(シャクナゲが見頃でした)〜宇治上神社(世界遺産、国宝の本殿が美しかった)〜仏徳山(標高130m、低い山ながら眼下に平等院が一望でした)〜興聖寺(新緑の琴坂を堪能)〜天ケ瀬吊り橋(結構揺れましたよね)〜圧巻の天ケ瀬ダム(行ってよかった!!大迫力の3連放水)〜平等院(世界遺産、垣根越しに眺められました、チョット得した気分)
最後はワイワイと反省会、又の企画を楽しみに!!!!


 雪の立山登山の自主トレーニング 蓬莱峡 hama  2018年4月30日(月) 22:34
修正
4月29日(日)、GW雪の立山登山(5月3〜6日)のトレーニングを蓬莱峡で実施し6人が参加した。。
目的は
@標高2500〜3000mの高山での雪と岩に備えたアイゼン歩行とピッケルの使い方。
A急斜面でのバランス感覚と、メンタルを養うことです。

午前中は砂場でのピッケル・アイゼンワーク。午後から屏風岩でアイゼン装着でのクライミングと、登山靴でクライミングを行った。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  全 277件 [管理]
CGI-design