HOME奈良ハイキングクラブ写真掲示板(一般向けです)
奈良ハイキングクラブの最近の「山行」を紹介しています。

投稿パスワードは、同じです。
注意…写真サイズ3000KB(3MB)以内です。いままでの10倍にしました。
   サイズ変更が不要になる写真も多いと思います。
名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード
 つつじYEAR 歌姫  2017年6月10日(土) 20:20
修正
今年は4月から6月にかけつつじを見に行くことができました。
生駒山、葛城山、九州の平治山(九重)と満開爛漫で感動です。
誘って頂き感謝!感謝!
素晴らしい年になりました。

 体験ハイキング 比良・権現山〜打見山 hama  2017年6月6日(火) 7:36
修正
6月3日(土)、体験ハイキング「比良・権現山〜打見山」
会員6名、体験者1名の7名が参加。好天で、景素晴らしい景色でした。
一般参加者と一緒に和やかな雰囲気での山行でした。
今回はうっかりしてミニスクールの写真を撮るのを忘れてしまったが、小女郎池での昼食後、シュリンゲで簡易ハーネスの作り方。レスキューロープを使った半マスト結びでの確保。緩斜面での懸垂下降の練習をした。

 大普賢岳登山 女子会?いえ夏山トレです! アメフラシ  2017年6月5日(月) 17:17
修正
6月4日(日)自主 7名
夏山登山バス参加者向けにトレーニング山行を企画部、夏バス実行委員で計画し、その第1回目の夏トレ山行を大普賢岳で行いました。
ルートは水太林道から周回道を左回りで大普賢岳〜国見岳〜七曜岳を巡るルートです。
標高差1000m、岩場の登り降りとトラバース、鉄階段、600mの激下りそして行動時間8時間というハードな山行で、参加する人がいないのではと内心不安でしたが、以外にも6人もの参加者が現れ、しかも全員女性でした。
うれしいような、恥ずかしいような、そして無事下山できるのかとの不安を胸に山に入りました。
その不安は参加者も同じように感じていたようですが、いざ山に入ってみると「景色がすばらしい」「緑がきれい」「風が気持ちいい」の声、岩場登りでは「高度が稼げてうれしい」といいながら、岩をスイスイ登り、そしてスイスイ下る。
さらに激下りのところでは、急斜面でモタモタしている先行パーティーを軽快な足取りで抜き去るという具合で、期待していた(?)「コワーイ」とか「しんどい」という声が聞かれず、いい意味で期待を裏切られた思いです。
奈良ハイクの女子、恐るべしです。





 講座 初級登山教室 歩き方A ちゃれ  2017年6月5日(月) 16:20
修正
6月4日(日) 参加者17名(受講者6名 教育部員11名)
阪急芦屋川から城山→ 岩梯子→ 荒地山→ 風吹岩→ ロックガーデン→ 高座の滝→阪急芦屋川
晴れ渡った青空の下、気持ち良い(?)汗をかきながらの山行でした。
岩梯子では全員が果敢にチャレンジ。七右衛門ぐらをくぐりぬけて見たガスのない大阪湾に思わず見とれていました。
大阪市内はもとより遠く岸和田、泉佐野まで見渡せましたよ。
下山道にしたロックガーデンでも皆さん足取りも軽く教育部員もビックリでした。(クサリ場もなんのその)
--------岩梯子も岩場の下り(ロックガーデン)も怖かった!!でも楽しかった。との声も。
次回講座 8月27日座学「地図読み」です。

  J  2017年6月4日(日) 16:23
修正
梅雨入り前のいい天気の日に登ってきました。
初めての天和山。
知らぬ間に登山道から外れ尾根の直登に。
四つん這いになりながら何とかP1183のピークに出ることが出来ました。
帰りはちゃんと登山道を使って簡単に降りることが出来ました。
頂上からは稲村ヶ岳や明星ヶ岳、釈迦岳等大峰の山々を間近に望めました。

 会員名簿のアドレス確認のお願い 事務局  2017年6月2日(金) 17:42
修正
今月の機関誌に同封した、会員名簿改訂版に掲載を同意された方のみメールアドレスを記載しましたが、何人か誤りがあるようです。申し訳ありませんが自分のアドレスに間違いが無いかご確認をお願い致します。間違って掲載されている方は 事務局 濱田までお知らせ下さい。宜しくお願い致します。
私のアドレスは mb45cr38ml@kcn.jp です。(私の会員名簿のアドレスも恥ずかしながら間違っています。)

 明神平クリーンハイク 奈良百遊山  2017年5月31日(水) 10:34
修正
5月28日(日) 参加者10名(他に奈良労山7名)
3年連続の明神平のクリーンハイク。今年も奈良労山との合同作業。マイクロバスで八木駅から大又林道終点の駐車場へ行く。駐車場はなぜか満車。こんなに車が多いのは初めて見た。本日の参加者は奈良HC10名、奈良労山7名 合計17名。昨年より大分少ない。ゴミが重たいので嫌われたのか?。駐車場を9時半に出発。11時半に明神平到着。4箇所の渡渉箇所は水量が少なくて良かった。昼食の後から清掃作業。2巻き有った有刺鉄線を短く切断し新聞紙で包む。またトタン板も細断し運びやすくする。背負子4台で重たい有刺鉄線などを背負ってもらい、他の人は瓶、缶などをザックに入れて運んでもらう。駐車場で計量したら、ななんと有刺鉄線は背負子共で25Kg。Mさんや、Hさんの体力はスゴイ。
駐車場でTさんお手製のフルーツポンチが冷たく美味しかった。
今日は「頑張らない」という申し合わせだったが、やっぱり頑張ってしまった。この3年間で我々が下ろせる廃棄物は大方下ろせた。残りの廃棄物はもう我々では無理。参加者の皆様 本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。また、ゴミ回収箱や軍手、ビニール袋を提供して頂いた東吉野村へも感謝です。本日のゴミは可燃物7.5Kg、不燃物107.2Kg、缶4.6Kg、瓶11.5Kg 合計130.8Kgでした。

 新緑の醍醐寺周辺の山を歩く ダエンキュウ  2017年5月30日(火) 22:00
修正
5月30日(火)参加者3名
京津線大谷駅→蝉丸神社→東海自然歩道→音羽山→千頭岳→西千頭岳→京都国際ゴルフ場跡地→高塚山分岐→醍醐寺三宝院
歩行時間6時間のアップダウンのある山で、登山者が多いためよく整備され歩きやすい。また、京都盆地、琵琶湖、比叡山が一望できるところもあり、木立の中の登山道が続くので直射日光が避けられる。しかし、当日は5月と思えないほど暑く汗びっしょりになりました。CL,SLのお二人は登山歴が長く、今まで登った山の状況や経験等を教えて頂き参考になりました。私は、この山が初めてなので山の楽しい思い出が一ページ増えました。有難うございました。

 クリーンハイク山の辺の道 ウェンディ  2017年5月29日(月) 13:46
修正
5/28(日)参加者20名(内、一般参加2名)
近鉄天理駅〜石上神社〜白川ダム〜和邇下神社〜JR櫟本駅(解散)
今年で44回目を迎える全国一斉クリーンハイク、今年も山の辺の道で行いました。山の辺の道は、記紀・万葉集ゆかりの地名や伝説が残り、神々しい神社や古寺、古墳などが次々に現れ、古代ロマンの世界へと誘ってくれる私たちが大切に守り続けたい神話と伝説の世界に浸れる豊かな自然の古道です。
今年も去年と同じコースを歩きましたが、ゴミは残ってるもので、19.5キロのタバコの吸い殻、ペットボトル、空き缶、産業廃棄物など拾ってきました。歩いた野道はチョッピリですが綺麗になりました、それから何より私たちの「心も少し爽やか」にさせてくれた一日になりました。
これからも豊かな自然を守る気持ちを持ち続け、1年そして又1年、身近で豊かな野山に触れ続けることができればと願っています。
皆さん、本当にご苦労様でした。ありがとうございました。

 マイクロバス山行◆大峠〜明神平縦走とピークハント アメフラシ  2017年5月25日(木) 11:55
修正
5月21日(日) 例会 マイクロバス山行 参加者 24名
今年初の真夏日となった21日、春(?)のマイクロバス山行を行いました。
行き先は、普通ではチョッと行けないコースということで高見山の大峠から伊勢辻を経由して明神平までの縦走です。
マイクロバスで大峠まで登り、そこからの縦走で、マイクロバスは下山地点の大又林道終点の駐車場で待機してもらうという、マイクロバス山行ならではのコースです。
下界では30度を越える猛暑の中、標高900mの涼しい大峠をこのコース3度も下見をしたCLのヤマガールさんの先導で出発。
快晴で日差しは強いですが、よく整備された登山道はすぐに樹林帯の中へ。
木漏れ日と、涼風の中の気持ちのいい山歩きです。
雲ケ瀬山、ハンシ山、地蔵ノ頭のピークを超え、伊勢辻山で昼食。
午後は、赤ゾレ山をショートカットして明神平を目指して国見山、水無山のピークを超えていきました。
明神谷の渡渉点も難なく通過、待っていたマイクロバスへ予定の時刻に到着しました。
自然林の中、今まで行けなかった台高山脈主稜線の縦走とピークハントができた、楽しくて達成感いっぱいの山行でした。
※写真は、写し込まれると遭難しても無事に生還できるのでは(???)と一部で囁かれている野伏ケ岳の奇跡のカメラで撮影しました。

 スキルアップ例会「登山靴で岩登り」 hama  2017年5月23日(火) 11:30
修正
5月20日(土)、スキルアップ例会「登山靴で岩登り」が蓬莱峡で実施、7名が参加。
夏山シーズンを迎え、急斜面でのバランス感覚を養うことを目的。
アルプス等、高山の悪路で役に立ちます。
三点支持でクライムアップ、クライムダウンを繰り返した。
今期一番の猛暑日で、汗だくで練習した。
奈良百遊山さんと、シラネアオイさんが午後、早めに帰った。
残り5名でトップロープの確保練習した。

 例会 京都トレイル2 蹴上〜北白川 わたし  2017年5月20日(土) 17:34
修正
2017年5月20日 8名(一般1名)

蹴上駅集合〜日向大神宮〜大文字四辻〜大文字山〜火床〜法然院〜浄土寺橋と歩いて来ました。蹴上10時というゆっくりした集合時間は軟弱者には助かります。今日は暑くなるとのことでしたが、トレイルの殆んどは木陰の道で風もすき比較的涼しく、リーダーさんは軟弱組に気を使ってゆっくり歩いてくださり、休憩も十分に取ってくださり心地よい歩きが出来ました。所々でリーダーさんの説明付きで、京都トレイルの標識を確認しながら行きました。大文字山も哲学の道も大勢の人で賑わってました。下に下りたら氷の旗にさそわれて、解散後かき氷屋さんに飛び込む。冷たくて美味しかったです。今日の万歩計は24200歩、10.9キロでした。

 自主 御朱印山行 書写山 一乗寺  PEKO   2017年5月17日(水) 18:53
修正
5月17日 自主3名

西国33ケ所の御朱印を頂きに行って来ました。
書写山も一乗寺も立派なお寺でした。
百遊山さんは、書写山登っただけでは物足りなかったようで、
160段の階段を走って上がりました(笑)
次回は京都の4つのお寺を巡り、川床で美味しいものを
食べる計画を考えてま〜す。

 ステップアップ講座「岩登りの実技講習」第2回 hama  2017年5月17日(水) 7:36
修正
5月14日(日)ステップアップ講座「岩登りの実技講習」第2回目が蓬莱峡で実施、11名が参加した。

安全登山の基礎技術の習得を目的で以下のカリキュラムを実施。
・ロープの結び方(エイトノット・マスト・半マスト・プルージックなど)
・自己確保(メインロープを使った方法など)
・トップロープの確保
・トップロープクライミング(登って降りるまで・・・確認・コールなど)
・リードの確保
・懸垂下降

次回(3回目)岩講座最の終回は6月11日です。
上記のカリキュラムを復習して参加して下さい。

 京都 葵祭 ウェンディ  2017年5月15日(月) 23:15
修正
2017.5.15(月) 自主6名
今日は京都御所に葵祭を見に行ってきました。十二単の美しい斎王代が祭の主役です。
京都御所内散歩(ブラブラ歩きました)〜京都迎賓館(たまたま入れてラッキーでした)〜ランチ(同志社大学の学食)〜相国寺〜阿弥陀寺(織田信長墓所、ついでに森光子さんのお墓)〜饅頭買い入れ2件(大黒屋鎌形のお饅頭、ふたばの豆餅)〜鴨川の飛び石
葵祭のあとも結構歩き、疲れましたが、楽しい一日でした。又、ご一緒しましょう。

 クリーンハイクへどうぞ 奈良百遊山  2017年5月13日(土) 22:00
修正
5月28日に1年に1回のクリーンハイキングが行われます。
奈良ハイクは今年も 「山の辺の道」と「明神平」の2箇所で登山道沿いや、山頂付近のゴミ拾いを行います。
日頃 お世話になっている山への感謝と恩返しの意味を込めて多数の皆様の参加をお願い致します。本日現在「山の辺の道」は11人、「明神平」は10人の参加者です。「明神平」は未だバスの座席に余裕があります。野生の鹿と出会えるかも。是非 皆様の御参加をお願いします。

 奇跡!感動!感謝!落としたカメラが戻ってきました アメフラシ  2017年5月13日(土) 18:15
修正
3月24日、25日に自主で岐阜の野伏ケ岳へ登ってきました。
この掲示板にもアップしていますが、雪山を満喫した素晴らしい山行でした。ただ1点、悔いが残ることがありました。
愛用のカメラを落としてしまったのです。尾根を登りなおして1時間ほど探したのですが見つからず、あきらめていましたが先日5月6日hamaさんからカメラが見つかったとの電話とメールがありました。
新潟のIさんが300名山を目指す中で、5月3日に野伏ケ岳を登山中ダイレクト尾根へ向って急な斜面のヤブコギ中、偶然雪の中から顔を出しているカメラを発見されたとのこと。
持ち帰ったカメラのスイッチを入れると普通に起動し、写真データーを見ることができ、見ていくと昨年暮れの「ちゃんこ鍋の集い」の写真があり、写真の中に会場に掲示した横断幕に奈良ハイクの名前が書いてあるのを発見、そこからパソコンで奈良ハイクのHPを検索し、問い合わせメールに投稿されたとのことでした。
早速、新潟のIさんと連絡を取り合い、カメラを送って頂きました。
野伏ケ岳は無雪期は籔に覆われ、登山道はなく登山の対象にならない山です。
登れるのは残雪期の3月中旬から4月中旬で、5月になればかなりのブッシュが顔を出している中を登る必要があります。
Iさんも「同じルートをもう一度登るのは不可能」とおっしゃっていましたが、カメラが拾われたのは全くの偶然、奇跡的な出来事でした。
さらに奇跡が続き、1ヶ月以上も雪に埋もれていたのに、バッテリーもデーターも健在で、しかも写真の中に奈良ハイクの文字が写り込まれおり、そして何より拾われたのが新潟のIさんだったのが最大の奇跡、幸運でした。
丁寧に中身を調べて、さらにホームページを検索され連絡をくださったIさんの優しさがあってこそカメラが戻ることができました。
新潟のIさんには感謝してもしきれないほどの恩を感じるとともに、胸が痛むニュースが溢れている今の時代に、人の優しさを感じられた貴重な体験でした。
まるで朝ドラの「ひよっこ」を見ているようでした。
この感動を多くの人に知ってもらおうと、場違いかもわかりませんが掲示板に投稿した次第です。
新潟のIさん本当にありがとうございました。
奈良の山に登りにこられたら、ぜひご連絡ください。


 例会 泉南飯盛山 す-さん  2017年5月12日(金) 7:37
修正
2017年5月11日(木)7名
南海電車みさき公園駅東口 に集合 お天気は快晴
目指す飯盛山の山頂には 関電の鉄塔があり、どこからでも見える
少し急な登りも海からの風が心地よい、 飯盛山の山頂に到着
頂上は眺めが素晴らしく、泉南海岸のパノラマを眼下に、反転すれば
山の向こうに和歌山の市街がかすんでいる。 昼食、集合写真 後
孝子札立分岐 高仙寺へ 途中鉄塔と反射板 これ何の反射板とUさん
(関西電力の無線中継反射板ですよ)
楽しく話をしてるうちに孝子駅に到着、爽やかな一日でした。

 救急医薬品の交換 PEKO  2017年5月11日(木) 7:33
修正
会員の皆さんへ

山行に持っていく医薬品の交換をお願いします。
会事務所に、新しい医薬品を置いています。

今、医薬品を持っている人は、会事務所に戻した時に、新しい医薬品に交換して下さい。
古い医薬品は、各自処分して下さい。

 20170503-4自主双門の滝 Batten3  2017年5月5日(金) 9:05
修正
双門の滝がある弥山川を辿るバリエーションルートへ行ってきました。
平均年齢64.5歳の若い(?)メンバーでの挑戦でした。
沢の渡渉、何段も続く鉄梯子のぼり、岩壁の上り下り等と辿って行きました。ザンキ平あたりから残雪が目につき、途中残雪を踏みしめる箇所もあったが、12:50には狼平小屋に到着。後、順調に下山ルートをたどり、計画書予定到着時間よりは遅れたものの無事出発点(熊渡)に帰り着きました。

 詳細アップ グー  2017年5月8日(月) 22:48 修正
詳細記録がBatten3から送られてきました。

会員の方は、「会員専用」に入って、

記録(年月順)
記録(地域別)

を御覧ください。

会員専用に入る ID や パスワード は 機関誌「あおがき」の裏表紙を参照して下さい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  全 277件 [管理]
CGI-design