HOME奈良ハイキングクラブ写真掲示板
投稿パスワードは、同じです。
注意…写真サイズ3000KB(3MB)以内です。

名前
題名

内容
画像
修正キー (英数8文字以内)
パスワード
 赤坂山、スキルアップ公開自主山行 hama  2018年2月26日(月) 22:37
修正
2月25日(日)赤坂山スキルアップ公開自主山行は、天気に恵まれ、21人の参加でにぎやかだった。

初めてのアイゼン、ワカン歩行の方も居ました。
これから雪山のスキルをアップされて安全に楽しんでください。

 積雪期・稲村ヶ岳山頂に運良く立てました。 J  2018年2月26日(月) 11:13
修正
2018年2月24日 山ガール、J
コース:母公堂〜法力峠〜稲村小屋〜大日キレット〜稲村岳

今日の問題は稲村ヶ岳の手前にある大日山のトラバース。
もう一つは法力峠から稲村小屋へのトラバース道。
この二つのルートは急斜面につけられているため雪の状態によっては滑落の危険が大きい。
ここを如何に安全に通過できるか。
それならばということで稲村小屋までは夏道を利用せず尾根にルートを取りました。
ここは急なアップダウンがありしんどいですが何の心配もありません。
稲村小屋でハーネスやらロープの準備をして大日山のトラバースに向かいました。
行けそうか?! 運良く比較的硬いトレースが付いています。良かった〜。
今日は頂上に立てそうな予感。
しかしそこは足の幅ほどの細い細い踏み跡です。バランスを崩して踏み外せば滑落です。
途中の木の枝や幹に進路を阻まれながらも何とか通過できました。
キレットから深雪の急斜面を這い上がり稲村の宝剣に。初めての対面でした。
そのままこれまたスリリングな細い稜線ルートを辿り稲村ヶ岳の頂上に。
今日もハードな山行でした。山ガールさん共々記憶に残る満足な山行になりました。

 2/22(木)自主9名 二条城界隈を歩く ウェンディ  2018年2月23日(金) 9:54
修正
梅の花がチラホラと咲き出す京都の町中をブラリ歩いてきました。
二条城(徳川幕府大政奉還の間、梅の花チラホラ)〜ランチ(ANAクラウンホテル北海道フェア)〜御金神社(最近チョット?有名な金運向上神社)〜京町屋のブラリ歩き(呉服問屋など風情溢れる京町屋)〜旧本能寺跡(信長無念)〜壬生寺(新撰組屯所)〜元、島原遊郭大門(今は遊郭は無いですよ)〜西本願寺(豪華な国宝唐門)〜京都駅(解散)
今日の歩数18千歩でチョット疲れましたが、今度は春爛漫・桜の季節の京都を歩きましょう。
添付写真はANAクラウンホテルお雛様金屏風前で、美女7名+おっちゃん2名(五輪金メダルラッシュ祝)。

 ステップアップ雪山講座、堂満ルンゼで雪上訓練 hama  2018年2月22日(木) 21:14
修正
ステップアップ雪山講の第2回座実山行、2月18日(日)「雪上訓練」が比良堂満ルンゼで実施された。

受講者9名、部員7名計16名参加。昨年と同じく穏やかな天気の下、
深雪の中でラッセル歩行練習、ピッケルを使っての支点の作り方、ロープ
を使って半マストや腰がらみでの確保のしかた、斜面を使って滑落停止の
練習を行った。滑落停止は何度も繰り返しているうちに恐怖感も薄れ、皆
さん上手になった。有意義な一日であった。 
(文・城山すずめ、写真・hama)

 鈴鹿セブン その4 鎌ヶ岳 長石尾根往復 J  2018年2月13日(火) 16:52
修正
2018年2月10日 自主3名
湯の山温泉街の突き当りにある駐車場から6時55分発。
今日は長石尾根を使い鎌ヶ岳の頂上を目指します。
気温は結構高いようで午後からは雨の天気予報。
ズルズルと滑る。雪がアイゼンにくっつき高下駄を履いてる様で歩き難い。
曇っていてあまり展望は良くない。ちらほら小雪が舞う。雨よりましか。頂上に近づくに連れ傾斜は増してくる。
ピッケルを深く差し込んだり木を掴んだりして悪戦苦闘。
若者に先頭を交代してもらい何とか急斜面を突破。
おかげでリベンジ鎌ヶ岳成功!
下山は数ピッチ、ロープで確保しながらズルズルの急斜面を降りた。14時25分、無事駐車場に戻った。
ポツリポツリと降り始めていたが戻った途端、急に雨脚が強くなった。滑り込みセーフ。次回は御在所岳へ。


 例会 くろんど池 あけどん  2018年2月8日(木) 2:13
修正
2018年2月7日(水)参加者7名
インフルエンザで2名欠席されましたが寒波の予報もはずれ 穏やかで快晴の中気持ちよくハイキングできました。
展望台からは愛宕山 ポンポン山 比良の山々がきれいに見えました。

 観音峰 peko  2018年2月4日(日) 11:23
修正
2/3(土) 自主
霧氷は見られ無かったけど、充分な積雪量で
雪山ハイクを楽しむ事が出来ました。

 湯槽谷山・灰形山 anna  2018年1月31日(水) 15:31
修正
2018年1月28日(日) 参加者 6名
有馬温泉街を通り抜けて、冬の風物詩 氷瀑を見に行きました。
このところの寒さで、カッキ〜ンと見事に凍っていて、その美しさに
感動しました。
雪も多く、良いアイゼントレになりました。

 機関誌の訂正 グー  2018年1月31日(水) 11:05
修正
機関誌3月号に掲載希望の山行案内の締切日の訂正です。
  3月9日(金)→ 2月9日(金)

企画部会(2月13日)で検討し、
運営委員会(2月19日)でも再検討しています

 定期総会についてのお願い 事務局  2018年1月29日(月) 21:28
修正
@ 極力 ご出席をお願いします。
  欠席される場合は、どなたかに委任して下さい。
   (委任者がいない場合は、「会長」でも結構です。)
  欠席が多い場合は、総会が成立しない可能性があります。

A 休会される場合は、その期間を明記して下さい。

B 希望専門部は複数選択可能です。


 SU講座「雪山コース」 伊吹山テント泊山行 J  2018年1月29日(月) 14:33
修正
山行日2018年1月27〜28日
参加者 7名
日本列島がここ数日寒波に襲われ全国から大雪のニュースが流れる中、実施されたテント泊山行。
雪崩も心配されたが結果的には山頂も踏め全員無事で予定通りのメニューが消化できた。
小雪ちらつく上野の駐車場から2時間ほどで3合目のテン場に着いた。
みんなでワカンを履き整地。ドームテントを2張りとツェルト2張り。
風もなく穏やかに夜を過ごし翌日はきれいな朝の陽を受け出発。
ガスが出たり晴れ間が出たり雲海が現れたり、めまぐるしい気象変化の中、深雪を掻き分け頂上へ。
そこには見事な景色が広がっていた。

 権現山 ちゃれ  2018年1月24日(水) 19:01
修正
2018年1月21日(日) 初級登山教室「アイゼンワーク」権現山参加者 16名(うち受講者 4名)

権現山登山道には、雪がありません。
ここ数日、暖かな日々が続いたからでしょうか?
山頂近くになって、やっと雪のおでまし。(良かった!)
山頂での昼食後、アイゼン歩行練習をホッケ山近くの峠に向けてしました。
山頂に戻り、北側の雪原でワカンの歩行練習もしました。
初体験者もあり、付け方から直登・下降・トラバースなどいろいろな場面を想定して練習しました。
「ワカン、楽しい!」と喜びの声。
下山時にもアイゼン練習しました。

この講座で今期の初級登山教室は、終了しました。
教育部活動にご理解、ご協力有り難うございました。



 鈴鹿セブン・その3 雨乞岳 J  2018年1月22日(月) 12:07
修正
2018年1月21日 晴れから小雪 弱風 自主4名

三重県菰野町の湯の山温泉街の突き当りの駐車場を7:14発。
冬季通行止めの鈴鹿スカイラインの脇の登山道で武平峠トンネルの東口へ、8:19着。
トンネルを抜け滋賀県に入り少し車道を下り茨谷登山口から登り始める。
ここ数日暖かな日が続いており登山道の雪もかなり雪嵩を減らしたようだ。
郡界尾根の途中からは鎌ヶ岳の鎌尾根がかっこよく並んで見える。
急な斜面を幾つかこなし、やっとのことで東雨乞岳へ。
11:26着。ここで少し腹ごしらえ。そして直ぐ先の雨乞岳へは11:56に着いた。
あいにくこの頃には上空は雪雲が漂い始めチラホラと小雪が。
10分足らずで頂上をあとにした。
今日は暖かで良かったのだがその分、雪質は悪く、下山の午後からはもっと緩みズルズル。
樹林の急斜面では2度ロープを出して各自プルージックで悪場を通過した。
登山教室等で習っていた安全登山技術のいい実践になった。
雨混じりの小雪が激しく舞うスカイラインを忠実に辿り16:21車に戻った。
今回も9時間を超える長時間のクタクタ山行になった。皆様お疲れ様でした。

 鈴鹿セブン・その2 竜ヶ岳 J  2018年1月16日(火) 12:55
修正
2018年1月14日 晴れ 無風 自主3名

先週の藤原岳は荒天のため中止。
そして今日はうって変わって青空の雪山日和。
三重県いなべ市の宇賀渓から遠足尾根で登り、下山は金山尾根を利用した。
大日向山の先で一般道と合流。
それまでは小動物と我々の足跡のみ。
遠足尾根から青空を背にどっかと構える竜ヶ岳を見ながら白い雪原を登っていく。
斜面に点在するシロヤシオの木が5月末には白い花を咲かせ放牧された羊のように見えるのが有名な竜ヶ岳。今日は茶色の羊さんたちでした(笑)
下山の金山尾根は急で岩がゴロゴロの嫌な下り。アイゼンを引っ掛けないように注意。
さて、次回は雨乞岳。晴れますように。

 体験ハイク 金剛山霧氷ツアー アメフラシ  2018年1月15日(月) 19:07
修正
2018年1月14日(日) 一般向け体験ハイキング 参加者24名(内体験者3名)
今年初めての体験ハイキングを雪の金剛山で行いました。
寒波の影響で今年最高の積雪に包まれた金剛山は見事な霧氷の中の山歩きを楽しませてくれました。
ほどよく雪が積もった登山道はアイゼンが気持ちよく効き、初めてアイゼンを着けた体験者の方は雪山の体験を楽しんでおられました。
体験ハイク恒例のミニスクール、今回はツエルトの設営の講習を行いました。
雪の大日岳山頂でみんなでツエルトを張り中で昼食タイムです。
さほど広くない山頂にツエルト村が出現し、行きかう登山者が目を見張っていました。
ツエルト初体験の人はその暖かさと手軽に設営できる便利さに驚きの声を上げていました。
スリップ事故が心配される下山路も、ふもとのバス停までほどよい積雪がありアイゼンが気持ちよく効いてくれて、無事に下山でき、最後まで雪山が満喫できた山行でした。


 比叡山 peko  2018年1月15日(月) 18:10
修正
1/14 自主 3名
修学院〜比叡山〜坂本
思っていた以上の積雪があり、雪山ハイクを楽しむ事が出来ました。山頂からは、京都市内や大原の景色が綺麗でした。

 竜王山から長谷寺へ peko  2018年1月6日(土) 19:02
修正
1/6日 自主 6名
JR柳本駅〜竜王山〜笠そば〜初瀬山〜長谷寺
小雨やあられが降る今一つの天候でしたが、ふかふかの登山道や、藪こぎ、激下り、トラバース等バリエーションの多い山行で、楽しかったです。

 自主 歴史の道 (初詣巡り ) す-さん  2018年1月5日(金) 15:57
修正
2019年 1月5日 自主 15名

明けましておめでとうございます。
小雪の舞い散る中、歴史の道 (初詣巡り)を楽しみました
春日大社第2鳥居前に集合、自己紹介後春日大社にお参り
森田氏より白鹿が飛んできたと説明、ほんまかいなのつっこみ入る
本殿前にて写真、小さな神社をたくさんお参り後 二月堂へ
正倉院横を通り、豆比古神社へ 時間が無いので急ぎ足
ドリームランド跡を横目に昼食予約の リガーレ春日野へ
雨が降ってきたので、ここで解散と言うと ビール下さいと M氏
酒をくださいとS氏 生ビール下さいとU氏、Y氏 
正月用15食限定のメニュー ぴったり15名 おいしゅうございました
今回12月に入られた 谷口さん38歳、和田さん44歳 も参加されました
よろしゅう頼みます。 皆さんお疲れ様でした。

 初詣山行 SL  2018年1月6日(土) 8:47 修正
2018年1月5日 15名

CLさんがホテル予約しておいてくださったので、みんなで一つのテーブルを囲んで食事が出来て楽しかったです。それに1月1〜5日、1日15食限定の花暦膳、1000円で鯛、海老、くわいなどついたお正月膳が食べられて感激しました。(これでホテル儲かるのかな?)時間も11時半だったので膳1つ欠けることもなく全員食べられたのもラッキーでした。雨の中キャンセルもなく参加してくださったみなさまありがとうございました。雨のためコースは半分になりましたが、食後バス停が近くにあったのも助かりました???(私たち4名はその後歩いて恵比寿さんにお参りしましたよ)自主ですが今年初山行、年末から天気予報は5日だけ雨マーク付き、はらはらどきどきしましたがどうにかそれも大安吉日に決行出来て、今年も良き年になりそうです。ありがとうございました!!

 自主 比良山系 ふかふか釣瓶岳 J  2018年1月5日(金) 16:51
修正
2018.1.4 曇りから小雪 J、べっち、あけどん
   ルート 朽木栃生〜ホトラ山〜イクワタ峠〜釣瓶岳

比良山系の釣瓶岳に登ってきました。
踏み跡はどこにも無く自分達3人だけの雪山遊び。

フカフカの雪は嬉しい、心踊る。けど、
膝上までの深雪を掻き分けながらの登りは太ももに相当堪える。
3人で交代しながらラッセル。

5時間少しかかってようやく釣瓶岳の頂上。
時間オーバーで諦めかけたけど
武奈ヶ岳には届かなかったけど
ほんの一瞬の青空だったけど
雪山の魅力を充分に吸収。

雪山、楽しいよ〜。ちょっと寒いけど。
今年も沢山の雪山いくぜ〜〜。


 2018年初日の出 アメフラシ  2018年1月1日(月) 9:43
修正
2018年1月1日(元旦) 自主 二上山
明けましておめでとうございます。
恒例の二上山からの初日の出です。
上空は晴れていましたが大台ケ原の日出ケ岳上空には雲が残り初日の出を拝むのが難しいような状況でしたが、わずかな雲の隙間からチョットだけ顔を見せてくれました。
今年の山行の安全をお祈りしました。
本年もよろしくお願いします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  全 300件 [管理]
CGI-design